「心の相談室with」は、愛知県名古屋市にあるカウンセリングルームです。


ガス・おなら恐怖症

ガス・おなら恐怖症について書きたいと思います。
ガス・おなら恐怖症とは、「ガス・おならが出て困る」「人前で、ガス・おならが出るのではないか」という不安に苛まれている症状をいいます。
腹鳴(ふくめい)恐怖症と共に、対人恐怖症の1つとも考えられています。
腹鳴恐怖症とは、人前でお腹が鳴る、もしくは鳴るのではないかと恐れ、人前に出ることができなくなる症状です。

この、ガス・おなら恐怖症になるきっかけは、「誰か、人前でおならをした人が、周囲の人から笑われて、恥ずかしそうにしていた」という光景を見て、「自分も人前でおならをしてしまうのではないだろうか、もしもしたらどうしよう、恥ずかしくて生きていけない」と悩むものから、実際に自分が人前でおならをしてしまい、それから人前に出れなくなる…、というものまで様々です。
本人が、気にしないようにすれば、それで解決するものであればいいのですが、やっかいなのは、実際におならが頻繁に出てしまう人です。
おならとは、医学的には放屁と呼ばれ、成人の方で、1日平均、400〜1,200リットル放出されております。成分は、窒素・酸素・二酸化炭素・メタン・アンモニア・硫化水素で、主に臭いの原因となるのは、アンモニア・硫化水素です。

「実際におならが出るのであれば、それは心の病とは呼べないのではないか、それは、内科もしくは胃腸科の領域ではないか」と思われるかもしれませんが、事はそれほど簡単ではなく、「おならが出てしまうのではないか」という恐怖心が、実際に腸内にガスを溜めてしまっているという事実があるのです。
内科・胃腸科の医師は、「薬だけでは治りません。あなたが『おならが出るのではないか』と恐れているから、腸内にガスが溜まるのですよ。だから、治すためには、おならに対する恐怖心をなくさなければなりません」と説明します。
けれど、実際に、おならが頻繁に出てしまっている人に対し、「おならが出るのではないか、という恐怖心を持たないようにして下さい」と言ったところで、さすがにそれは無理な注文となります。クライエントは、「おならが出なくなるようになれば、少しはそう思えるかもしれませんが、現に実際に出ている状態が続いているわけですから、とてもそうは思えません」と訴えます。
カウンセラーは、おならを頻繁にするわけではない人に対しては、なんとかカウンセリングで治す方向に持っていけますが、実際におならをしている人に対しては、「もう少し、医師の方で、おならの回数を減らしてもらえないだろうか」と願ったりします。
両方から、見放されたような格好になったクライエントはたまりません。途方に暮れることになります。

ガス・おなら恐怖症になる方は、圧倒的に女性に多く、この悩みを誰にも打ち明けることができず、悶々と悩みます。会社を辞めたり、結婚をあきらめたりする女性も少なくありません。ガス・おなら恐怖症が、女性に多い、特にお年頃の女性に多いのは、男性に比べ、羞恥心が強いからだと思われます。

思いの他、長くなってきましたので、次のページで更に詳しくお話したいと思います。
症状が深刻な方、お急ぎの方は、カウンセリングにいらっしゃることをお勧めします。

おならは何故でるのか?

ガス・おなら恐怖症を治す方法

 

 

ガス・おなら改善プログラム

>> ENTER <<
(入口)


※ 上記からDVDを購入下さった方には、もれなく私から特典(スペシャルボーナス)をお付けします。スペシャルボーナスの表示が出ていることをご確認の上、お買い求め下さい。
 

 


心の金曜日