カウンセラーという資格

カウンセラーの資格取得を目指してらっしゃる方へ
警告! これを読む前に、カウンセリング学校にお金を支払ってはいけません。

あなたは、何故、「カウンセラーの資格を取得しよう」とされているのですか?
もしかして、「カウンセラーの資格を取得すれば、カウンセラーとしての、活躍の場が開かれるに違いない」と夢見てらっしゃるのではありませんか?

もしも、そう思ってらっしゃるのであれば、それは大いなる誤解です。
カウンセラーの資格を取得しても、あなたがカウンセリングをする機会を得ることは、まずありません。プロの開業カウンセラーである私が、それは自信を持って断言することができます。

あなたは、世の中(今の日本)に、カウンセラーと名のつく資格が、いったい幾つあるか、ご存知ですか? 有名無名なモノを合わせると、100は下らないのですよ。

こちらで、 たくさんのカウンセラー資格の、ごく一部をご覧頂くことが出来ます。

カウンセラー資格の中では、臨床心理士という資格が、群を抜いて、知名度も信用度も高く、取得するのが困難になっており、かかる費用もかかる時間も、他のカウンセラー資格の追従を許さないのですが…、
          ※ 意識してか、意識せずにか? は、わかりませんが、
            いかにも臨床心理士…と間違えそうな名称のカウンセラー資格を
            付与しているカウンセリングスクールもあります。
            私としては、やれやれという気持ちでいっぱいです。
            ⇒ こちらから最速・最短でカウンセラーの資格を取得できます。

そんな取得が難しい臨床心理士でさえ、就職口を見つけるのは容易ではない、というのがこの国の現状なのです。ここで、念のために言っておきますが、臨床心理士は国家資格ではありません。そう、日本には、カウンセラーの国家資格はないのです。臨床心理士が、もっとも国家資格になる可能性が高いカウンセラー資格ですが、その実現は、極めて困難だと言っていいかと思います。

次に、まだまだ知らない人が多いので言っておきますが、カウンセリングは医療行為ではないので、誰にでもすることが出来ます。そう、資格なんかなくたって、カウンセリングをすることは出来るのです。よって、資格の有無は、クライエントから信用されやすくなるか否かだけの問題、だと言っていいかと思います。
世の中には、「カウンセラーが足りない」と謳って、生徒を集めるために必死なカウンセリングスクールがたくさんございますが、それは嘘です。カウンセラーは、足りてます。むしろ余っているぐらいであり、「カウンセラーが足りない」というような事実はありません。
そのカウンセリングスクールの校長を含め講師陣も、臨床(カウンセリング)では、食っていけないので、カウンセリングスクールを開いている…というのが真実なのです。クライエントを見つけるよりも、スクールの生徒を集めるほうが、たやすくお金を得ることが出来るので、カウンセリングスクールという事業を営んでいるというだけの話です。

私は、この文章を読んでいるあなたに、「カウンセラー資格の取得を目指すな!」ということが言いたいのではありません。カウンセリングを学ばれることはお勧めしますし、カウンセラーの資格取得は、ひとつの目標となり、勉強する励み・意欲向上につながるので、決して反対ではございません。
そうじゃなくて、私は、あなたに、「このスクールに入りさえすれば、このスクールが付与してくれる資格さえ取得すれば…、カウンセラーとして活躍できる」という間違った認識を持ち、後で「騙された」という悔しい思いをして欲しくないのです。

さて、何故、カウンセリングスクールは、そのような誤解を与えるようなことを、わざわざ大きな声で言うのでしょうか?
その答えは、簡単です。
そう言ったほうが、生徒を集めやすいし、生徒から多額の授業料を徴収できるからです。
時折、「卒業後のアフターフォローもしっかりします」と謳っているスクールも見かけますが、正直、笑っちゃいます。そのようなことをしてくれるスクールは、ほとんどありません。スクールの関係者でさえ、ほとんどカウンセリングをしたことがないのに、そんなこと出来る筈がありません。

以前、こんなことがありました。 カウンセラーの資格を取り、カウンセリングルームを開いたものの、サッパリお客さんが来なくて、私の所に、「どうしたらいいか?」と、経営相談に来たカウンセラーがいました。私は、その方に、懇切丁寧に、私の知る限りのことをお教えいたしました。その後、どうしたかなあ…と思っていたら、なんと、その方は、カウンセリングスクールを開いていたのでした。そして、その方のプロフィールには、「臨床経験○十年、臨床回数○千回」と、でかでかと書かれてあったのです。本当にびっくりしました。

世の中には、有名無名のカウンセリングスクールが何百もありますが、そのほとんどは、ここ数年で出来たものです。(もっとも、カウンセリングスクールの生徒募集広告には、そんな本当のことは書いておりませんが…)
昭和の時代に作られたカウンセリングスクールは、ほんのわずかしかないと言って差し支えないと思います。 クライエントを集めるより、生徒を集めるほうが簡単ですからね。だから、多くの自称カウンセラーは、臨床家の道を進む努力をするのではなく、カウンセリングスクールの先生になっていくのでしょうね。

もっともっと、カウンセリング業界のお話・真実を話してもいいのですが、これ以上ここに書くと、「営業妨害だ」とカウンセリングスクールから怒られそうです。(既に怒られています。)よって、このあたりでやめておきたいと思います。

もっと詳しく話が聞きたい方は、どうぞ私のカウンセリングルームを訪ねて来て下さい。良いカウンセリングスクールの選び方・真の実力がつくカウンセリングの勉強方法・カウンセラーとして生計を成り立たせていくための経営ノウハウなど、出し惜しみすることなく、あなたに真実を、教え伝えたいと思います。
本当は、ぜひ来て頂きたいし、私のカウンセリングルームを実際に見て頂きたいのですが、遠方の方には、「開業カウンセラーの現実」「カウンセリング事業の経営ノウハウ教えます」を読まれることを、強くお勧めします。
上記の冊子には、良いカウンセリングスクールの選び方・真の実力がつくカウンセリングの勉強方法・カウンセラーとして生計を成り立たせていくための経営ノウハウ、さらに、この冊子をお読み下さった方から頂いた質問に答えたQ&A大全集など、あなたの知りたいことのおそらく全てが書かれてあります。
どうぞ、あなたの大切な時間とお金と労力を無駄にしないで下さい。
あなたが、臨床経験のないカウンセラーからカウンセリングを習い、何の役にも立たないカウンセリング資格を取得されることのないよう、私はお祈り申し上げたいと思います。

(注意) 先ほど私は、「カウンセラーは足りてます、余ってます」と書きましたが、本当は、「優秀なカウンセラーは、不足しています。どうしようもない、真に実力のないカウンセラーが余っているのです。」それが正しい答えです。

▼ 「開業カウンセラーの現実」「カウンセリング事業の経営ノウハウ教えます」のテキストについては、こちらで購入することが出来ます。
▼ 私のカウンセリングを受けたい方は、どうぞこちらへお越しください。

あなたのカウンセリングを受けたという経験は、今後あなたがカウンセラーになるかどうかは別としても、きっとあなたのかけがえのない財産になることと思います。

私は、日本では数少ない、臨床を生業(なりわい)としている、プロの開業カウンセラーです。生意気言って、大変に申し訳ないですが、私は、クライエントから頂くカウンセリング料収入によって、私を含めた家族4名の生計を成り立たせています。
正直、私のような者は、日本には、数えるほどしかおりません。「臨床経験が豊富だ」と言うカウンセラーは、たくさんおりますが、本当に臨床経験が豊富なカウンセラーは、ほとんどいないというのが現状です。
商売下手と言われるのを覚悟で書きますが、(そう言われても結構です、私は一介の心理臨床家ですから…)売れなくなるだろうと思われるようなことをあえて書きますが、 「開業カウンセラーの現実」「カウンセリング事業の経営ノウハウ教えます」には、真実が書かれており、カウンセラーを目指すあなたにとって、大変有意義な情報になることには間違いありませんが、これを読まれたからと言って、あなたがカウンセラーとして成功するということについては、私は保障しません。
また私のカウンセリングを受けたからといって、あなたがカウンセラーに近づくとも限りません。(逆に、カウンセリング業界の真実を知って、縮みあがったり、夢破れたりするかもしれませんから…) それは最初に、ハッキリ申し上げておきたいと思います。 あなたが、カウンセラーとして活躍されるかどうか、成功されるかどうかは、私の話を聞いた後、私の書いたテキストを読んだ後・・・、あなたがどのくらい努力するかにかかっています。

心の相談室with室長 心理カウンセラー 竹内成彦

 


心の金曜日