アメリカ陸軍第1特殊作戦部隊分遣隊 デルタ(空挺)
1st Special Forces Operational Detachment (Airborne)DELTA


デルタ隊員と160thSOARのMH−60L型ブラックホーク




肩章パッチ



■[概要]

デルタ・フォースは部隊創設当初よりカウンター・テロ部隊として運用される事を考慮されている
対テロ専門の特殊部隊である。しかし、これは部隊創設功労者のチャーリー・A・ベックウィズ大佐
の軍上層部に対する苦しい弁解口実だった。実際にはベックウィズ大佐自身がイギリスSAS入隊
経験を活かしてSASを模倣した特殊部隊を創り上げたのが実際のところである。
1977年ノースカロライナ州フォートブラックに部隊は創設され対テロ戦闘及びCQB(室内戦闘)
訓練、不正規戦を考慮しあらゆる訓練を施され現在はアメリカ軍内でも屈指の精鋭部隊になった。

デルタ・フォースは対テロ部隊として国防上その存在が長らく秘匿されていたが、1980年4月の
駐イラン米大使館篭城事件で悲劇的な事故により「イーグル・クロー作戦」が失敗し存在が明らか
になった。 その後米ソの冷戦が終結されると米統合特殊作戦司令部(USSOCOM)に統合指揮
下に入る。
現在は150名5個〜6個チームが存在しSASに習い4人編成の最小単位で行動している。米国
の対テロ抑止力としての存在価値は大きく現在でもアメリカはその存在を公表していない。


情報提供者ヒロ様 「集結」(誤記)→「終結」(訂正) 2004/12/11

■[活動内容]

1979年 プエルトリコに出動
1980年 駐イラン・アメリカ大使館篭城事件に出動
1983年 米軍グレナダ侵攻作戦にヘリボーン作戦部隊として参加
1984年 クェート航空機ハイジャック事件に出動
1985年 TWA航空機ハイジャック事件でキプロスに出動
1987年 ギリシャに極秘作戦で活動
1989年 米軍パナマ侵攻で米国民救出作戦に参加
1991年 湾岸戦争に参加 移動スカッドミサイル撃破の為空中機動部隊として活躍
1993年 ソマリア派兵に先行偵察部隊として行動
1997年 駐ペルー日本大使館篭城事件に派遣
2001年 対テロ戦争アフガニスタンに投入
2003年 イラク戦争に派遣




デルタ隊員とMH−60Gペイブ・ホーク






Produced  by Mirage


[SOF TOPへ戻る]
[HOMEへ戻る] [HyperArmsTOPへ]