伊澄航一俳句館 冬の間

 
 
 
街 灯 の き し き し 並 び 冬 の 道
 
 
枕 木 を 何 処 ま で 濡 ら す 時 雨 や ら
 
 
神 戻 り 人 の ぶ つ か る こ と あ ま た
 
 
 
 
厳 寒 や ロ ー ト レ ッ ク に 娼 婦 ゐ て
 
 
ス ト ー ブ の 芯 を 見 つ め て 待 ち ゐ た り
 
 
剣 道 着 白 き 少 女 や 冬 茜
あかね
 
 
 
 
あられ 一 つ 二 つ 分 度 器 も て 測 る
 
 
コ マ 落 し の 画
に 似 て 雪 の 降 り し き る
 
 
リ ズ ム ア ン ド ブ ル ー ス の 雪 降 り つ も る
 
 
一 頭 の 雪 の 回 転 木 馬 か な
 
 
積 分 も 微 分 も 忘 れ 霜 柱
 
 
 
 
聖 誕 の 樹 の 銀 球 に 映 る 顔
 
 
温 室 は 寂 し ガ ラ ス に 蝶 貼 り つ く
 
 
 
 
あ る が ま ま 千 枚 漬 の 唐 辛 子
 
 
ふ ぐ 食 ふ や ふ つ ふ つ す べ て 腹 の 中
 
 
一 日 の を は り 始 ま る 蕎 麦 湯 か な
 
 
お ば ば さ ま 玄 ぐ ろ と 掻 く 蕎 麦 の 椀
 
 
鰭 酒 を 覗 き 込 む 背 の ぽ ッ と 反

 
 
湯 の 滾
たぎ り 白 菜 餃 子 寒 厨かんくりや
 
 
雪 の 夜 の 煮 込 鮑 の あ ぶ く 立 つ
 
 
 
 
面 白 き 待 人 来 り 漱 石 忌
 
 
葉 脈 の 小 径 往 き た る 寅 彦 忌
 
 
寒 昴
かんすばる 隊 商 埋 む る 沙 の 粒
 
 
 
 
理 科 室 の 人 体 模 型 日 脚
ひあし 伸 ぶ
 
 
日 脚 伸 ぶ 掃 除 機 の 音 隣 室 に
 
 
山 茶 花
さざんか や ワ イ ン の 栓 を ぽ ん と 開 け
 
 
酒 肆
しゅし 二 月 燃 え ひ ろ が れ る フ ラ メ ン コ
 
 
水 仙 に 空 腹 な り と 母 逝 け り