伊澄航一俳句館 夏の間

 
 
 
君 青 き 蝶 と 逃 が さ む 浴 衣 着 せ
 
 
夏 蜜 柑 乳 首 の ご と く 苦 き こ ろ
 
 
岩 の う へ 洗 ひ 髪 な る 君 立 ち ぬ
 
 
ジ ャ ズ ガ ー ル そ の 横 顔 の 汗 白 き
 
 
朝 顔 の 紺 ひ ら く ま で 君 と ゐ る
 
 
 
 
竹 伸 び る 朔 太 郎 忌 の 根 が 伸 び る
 
 
水 無 月 や 遠 く 時 計 の 鳴 り 止 ま ず
 
 
い か づ ち や 行 先 知 ら ず 乗 る 列 車
 
 
大 井 戸 に 僧 都
そうづ 浮 か べ し 蝉 時 雨
 
 
ま く な ぎ の 走 り ぬ け れ ば 消 え た り し
 
 
 
 
風 鈴 の 其 処
そこ は 遍 路 と 居り し ご と
 
 
風 止 め ば 風 鈴 売 り の 立 ち 上 が る
 
 
昼 寝 覚 ゆ ら り カ フ カ を 読 み し こ と
 
 
炎 昼
えんちゅう や 道 を ひ き ず る ポ リ 袋
 
 
炎 昼 や バ レ エ 少 年 高 く 跳 ぶ
 
 
 
 
路 地 裏 を 風 の ご と く に 浴 衣 の 子
 
 
歓 声 を あ げ て 水 着 に を さ ま ら ず
 
 
あ し の ゆ び 濡 ら す ご と 線 香 花 火
 
 
キ ャ ラ メ ル の お ま け 彩 々
いろいろ 夏 の 宵
 
 
離 れ ゆ く 親 子 の や う に 石 鹸 玉
しゃぼんだま
 
 
石 鹸 玉 わ れ を 見 下 ろ す 二 三 秒
 
 
 
 
素 麺 を 赤 児 の 如 く 大 盥
たらひ
 
 
焼 茄 子 に 何 や ら 浜 の 匂 ひ か な
 
 
白 南 風
しらはえや 議 論 の 果 て て 日 振 飯ひぶりめし
 
日振飯は、愛媛南部(南予)のぶっ掛け飯。新鮮な鯛や鯵の切り身をダシ醤油に漬け卵黄を落とし好みの薬味も入れて掻き混ぜ、これを熱い飯に掛けて食らふ。

 
 
泥 鰌
どぜう 鍋 父 は 小 骨 を 好 ま ざ り
 
 
豆 飯
まめめし を 炊 く や 湯 気 ま で 薄 緑
 
 
 
 
      ボストン
 
手 品 師 の ま ろ き 帽 子 や 苺 皿
 
 
楡 若 葉 金 装 飾 の 摩 天 楼
 
 
文 字 薄 き 旧 劇 場 の 壁 の 黴
かべ
 
 
 
      華夏
 
か し ま し き 北 京 の人 と 冷 奴
 
 
人 海 よ 天 安 門 に 飯 饐
ゆ る
 
 
夜 の 秋 仏 陀 の 口 の 半 開 き
 
 
窯 の 砂 灼 け て ウ イ グ ル 族 の 市
 
 
 
      マニラ
 
輪 タ ク の 五 台 列
つら な る 泥 旱ひでり
 
 
白 金
の ス コ ー ル 土 に 刺 さ り け り
 
 
はらわた の ご と 透 き 通 る 夕 焼ゆやけ か な
 
 
 
 
一 匹 の 畳 の 蟻 の 五 六 匹
 
 
ご き ぶ り を 叩 き 廊 下 の 仄 明 り
 
 
合 宿 の 長 き 廊 下 を 跣 足
はだし か な
 
 
 
 
終 戦 日 手 の ひ ら ほ ど の 国 旗 か な
 
 
帝 国 の 夢 や 娘 の 終 戦 日
 
 
 
 
終 点 の ホ ー ム 降 り れ ば 祭 笛